PPT2Voice Neo音声合成ナレーション付き教材を簡単作成。ナレーター費用・スタジオ費用のコストを削減。


PowerPoint アドイン機能の基本的な操作の流れは、以下のようになっています。本マニュアルでは、以下の流れに従って操作説明を行います。

1.ノートを入力する

ノートにナレーション用テキストを入力します。
(各スライドは予め作成しておく事をオススメします。)

2.ナレーションを作成する

ノートに入力したテキストを元に、ナレーション音声を作成します。

メニューからナレーションの作成を選択します。

また、ボイスソムリエで作成した音声合成ファイルをインポートすることもできます。

3.ナレーションを編集する

読み間違えの修正、発音の変更、話者の変更など、ナレーション編集画面をつかってさまざまな編集作業を行うことができます。
ノートから作成したナレーション内容を変更する場合に、ナレーション変更画面からテキストを修正し、修正結果をノートに反映することができます。

ナレーション編集

◆ナレーション一覧から編集したいナレーションを選択し、「編集」ボタンを押します。

編集ボタンをクリック

◆声の種類の変更
◆読み上げスピード
◆アクセント・文の区切り位置の調整
◆ナレーションテキストの修正
などを編集しナレーションに反映させることができます。

様々な編集が可能です。

PowerPointナレーション作成機能

「PPT2VoiceNeo with Presenter11」一番の特徴である、「ボイスソムリエ ネオ」の合成音声によるナレーション作成機能をご紹介します。

GUIによる簡単な発音調整機能

自動合成した音声は、さらにお好みのアクセントやイントネーションに調整することができます。分かりやすいGUI画面で、発音のもっとも大きな要素であるアクセントや発音区切りを変更することができます。

アクセント位置の調整

直感的に操作できるグラフを用いて音の高さや長さを調整することで細やかなイントネーションの表現が可能です。

イントネーションの調整

的確な日本語判定でらくらく作業

テキスト文を入力するだけで、文脈に沿って適切な読み仮名とアクセントが自動付与されます。

読み仮名とアクセントが自動付与

読み仮名とアクセントが自動付与

シーンで選べる2色の音色

TPOに合わせて音声を使い分けたい、という強いニーズにお応えして、女性・男性の2色の声を用意しました。また、文章中で声の種類を切替えることができますので、複数話者によるナレーションシナリオを音声化するのに便利です。

複数音声の掛け合いによるナレーション

有料サポートについて

PPT2VoiceNeo with Presenter11の有料サポートは、ボイスソムリエのメールサポートとパッチ、メールでの優先回答になります。ライセンス上、Adobe Presenter11への回答は含まれておりません。

お問い合わせ