PPT2Voice Neo音声合成ナレーション付き教材を簡単作成。ナレーター費用・スタジオ費用のコストを削減。


ボイスソムリエ 機能一覧

PPT2Voice Neo」は、「PPT2Flash」、「PPT2Mobile」という2つのオーサリングソフトに、日立ビジネスソリューション株式会社の音声合成ソフト「ボイスソムリエ ネオ<デュオ>モデル」がセットになったパッケージ商品の名称となります。
以下、「ボイスソムリエ ネオ<デュオ>モデル」と「PPT2Flash」「PPT2Mobile」それぞれの機能についてご紹介致します。

PowerPointナレーション作成機能

Microsoft Office PowerPointと連携し、音声付スライド作成を強力に支援する、アドインソフトウェアが付属しております。
※本機能のご利用には別途「Microsoft Office PowerPoint 2003」もしくは「Microsoft Office PowerPoint 2007」が必要です。
※アドインソフトウェアが付属する製品モデルは、「ビジネスユースモデル」 「プレミアムモデル」 「デュオモデル」となります。

ナレーション作成

PowerPointのノート部分にある原稿テキストを元にナレーション音声を作成します。作成されたナレーション音声は、サウンドオブジェクトとしてスライドへ自動的に貼り付けられます。
また、PowerPointの「アニメーションの設定」機能を利用することで、スライド内のアニメーションとナレーション音声のサウンドオブジェクトを関連付けたスライドを作成することができます。

PowerPointでの変換方法のご紹介はこちら

作成済みナレーションの編集

作成されたナレーションは、ナレーション編集画面から、読みや発音といった基本的な編集を行うことができます。
フレーズ単位の発音設定や、グラフを使用した発音編集などの詳細な編集作業は、ボイスソムリエを呼び出して行うことができます。

サンプル音声ファイルダウンロード(WAV形式、1,302Kバイト)

読み上げテキスト入力

読み上げたいテキストを入力して、解析ボタンを押すだけで、自動的に読み仮名と発音が設定されます。搭載された辞書による強力な自動解析機能により、漢字かな混じり文の正確な読み分けを行います。発音調整後でも、気軽に文章の訂正が行えるようになりました。

Ver.2では、文章を変更した場合の自動再解析(変更したテキストに合わせて発音をリセットする処理)の範囲を大幅に縮小。テキストを変更した箇所(文節単位)以外の発音は保持されます。

変換画面のご紹介はこちら
「この橋の端を箸を持って渡るべからず」を、無調整で変換しています。

発音の調整

アクセントや文節区切りの調整をGUI画面で設定することができます。設定した発音は、文節・フレーズ単位での音声再生もできるので、確認も簡単です。

韻律の調整

イントネーションや発音の長さを、グラフを使ってアナログ的に微調整することが可能です。例えば、語尾を上げるには、グラフ上の最後の発音箇所をマウスでドラッグして上げるだけです。

「このさくさく感がたまりませんね」調整前 調整後

定型文機能

頻繁に利用するパターンのテンプレート(定型文)を作成できます。 利用時にはテンプレートを選択し、 黄色の差込箇所をテキスト入力するだけで、長い読み上げ音声も素早く作成することができます。

また、複数の単語からなるフレーズ(1文以内)を、「定型文」として最大50,000件まで保存可能です。

声の種類

2種類の声を用意していますので用途に応じて音声の種類を使い分けることができ、どなたでも簡単に、高品質な音声を作成できます。

  • 女性1(標準)アナウンサーのような落ち着いた声
  • 男性1(標準)アナウンサーのような落ち着いた声

※PPT2Voiceには、ボイスソムリエ(デュオモデル)がバンドルされていますので、2種類の声音をご利用頂けます。

複数音色の切り替え

上記2種類の音声を、1文単位(※)に切り替え可能としました。これにより、複数の話者によるナレーションシナリオを作成することが可能です。
※1文とは句点「。」で区切られる文章の単位です。

サンプル:eラーニング「個人情報保護」(準備中)

読み上げ方法・解析方法の設定

読み上げ方法、解析方法などの細かな設定ができます。

読み

読み上げに関する設定をします。
(話速、声の高さ、抑揚、音量、エコー処理)

解析

記号や日時の解析方法や、アクセント強度などについて設定します。
(記号、数字、アルファベット、電話番号、日時、曜日、句読点・読点の長さ、無声音の有無、半濁音の有無)

句点

「。」ごとに空白時間を設定できます。(300~9999ms)

読み上げ速度

読み上げ速度を0.5倍~3倍で指定できます。

サウンド挿入

文章の任意の箇所に、サウンドファイル(WAV形式)を指定することで、ナレーションに効果音やBGMを付けることができます。

サンプル:サウンド挿入(準備中)
サンプル:フェードイン/フェードアウト(準備中)

音声データの保存

作成した音声は、編集内容を含んだボイスソムリエ形式のほか、Windows標準であるWAV形式のファイルとして保存できます。

ユーザー辞書

ユーザー辞書に、最新語や業界用語などを登録しておくと、読み解析時に登録した読み方が適用されるようになります。

  • csv形式ファイルからの一括登録が可能
  • 最大約6万5千件の単語が登録可能

発話時間の指定

全体の発話時間を指定することで、映像への音付けや音声CMなど、あらかじめ決められた尺にぴったりと収まる音声ファイルを作成することができます。

同梱ソフト「PPT2Flash」機能一覧

  • 170種以上のアニメーションを変換 <対応表はこちら>
  • TrueType書体の対応について <対応外表はこちら>
  • 多言語対応
  • 矢印キーでのアニメーション操作
  • 図表中のアニメーションにも対応
  • スライド移動効果をそのまま変換
  • アニメーションGif対応
  • ユーザー設定の箇条書き対応
  • リハーサル設定保持
  • ムービー変換
  • ボタン・リンクのサポート
  • グループのサポート
  • swfファイルのサポート
  • Flashファイルの挿入
  • メモの編集
  • 添付ファイル追加
  • 出力ファイルのフレームレート変更
  • スライド間の遅延追加

出力設定

  • web向け書き出し
  • 結合されたswfファイルの書き出し
  • LMS向け書き出し
  • 標準規格AICC/SCORM準拠
  • E-mail向け書き出し
  • 実行ファイル書き出し
  • 自動再生CD作成用ファイル生成

音声設定

  • 各スライドに音声追加
  • プレゼンテーション全体に音声追加
  • ナレーション録音
  • オーディオタイムラインエディタ
  • ストリーミングオーディオ

出力ファイルのプレイヤー設定

  • テンプレート選択
  • 色スタイルの選択
  • 作成者情報の編集
  • スライドタイトル一覧生成
  • サムネイル一覧生成
  • プレイヤー上の作成者情報表示
  • テキスト/ラベルの編集
  • アスペクト比16:9対応
  • アスペクト比16:10対応
  • ナレーションプレイヤー
  • 検索機能
  • 複数階層のスライドサポート

再生設定

  • コントロールバーの表示・非表示
  • 右クリックメニュー
  • 進捗状況表示
  • 手動でのスライド進行
  • アニメーションの自動再生
  • マウスクリックによるアニメーション再生
  • 再生速度の設定
  • 音量調整
  • ペンツール

その他

  • 変換後FlashMerger起動
  • FlashMerger出力ファイルの表示サイズ設定
  • パスワード保護
  • スクリーンセーバー作成

同梱ソフト「PPT2Mobile」機能一覧

出力設定

  • MPEG-1
  • MPEG-2
  • MP4
  • AVI
  • WMV
  • MOV
  • ipod (MP4)
  • iPhone (MP4)
  • BlackBerry (AVI)
  • PocketPC (WMV)
  • Zune (WMV)
  • PSP (MP4)
  • AppleTV (MP4)
  • 携帯電話 (3GP)
  • PowerPointセッティング
  • PowerPoint内のビデオクリップのサポート
  • 実際のスライドサイズの保存
  • スクリーンに合ったスライドサイズの調整(adjust)

ビデオ機能

  • PowerPoint内のビデオクリップのサポート
  • ディスプレイ解像度のカスタマイズ
  • フレーム・レートのカスタマイズ
  • ビデオ・エンコーダーのカスタマイズ
  • ビデオ・レイアウトのカスタマイズ
  • 書き出しビデオのクオリティ・コントロール
  • 最大ビデオ再生時間の設定
  • ビット・レート定数

ビデオ機能

  • プレゼンテーション内のオーディオトラックのサポート
  • 音量調節
  • ビット・レート定数
  • オーディオ・エンコーダーのカスタマイズ

変換機能

  • バッチ処理(9ファイルまで)
  • PowerPoint 2007対応
  • 変換終了時のコンピュータ・シャットダウン機能のオプション
このページを印刷 このページを印刷